Works|作品紹介

学校法人三島学園 三島高等学校

学校法人三島学園 三島高等学校

既存の管理棟および特別教室の一部を耐震補強と大規模改造により再生させ、新たに教室棟を設けた複合建築である。この施設は「広場」を中心に構成されており、高密度化した建築群にアメニティを与え、内包化された外部のオープンスペースとして増改築計画の軸となっている。新設の教室棟は、南・北ウィングのダブルコリドー形式、地上5階建てで高密度に集約された教育の中枢棟である。ダブルコリドーの中心に5階吹抜のアトリウムが垂直軸の上昇空間としてこの小都市化された建物に計画され、トップライトからの陽光と風を内部空間に送り込む。集中した学習時間から開放されたとき、生徒たちは新鮮な場の変化を感じるだろう。

 

<雑誌掲載>

近代建築2002年2月

 

※撮影 エスエス東京

名称 学校法人三島学園 三島高等学校
所在地 三島市
カテゴリー 全用途 / 文化・教育・医療
構造規模 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上5階
建築面積 5,233 m2
延床面積 13,145 m2
竣工年 2002年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る