Works|作品紹介

中遠ガス株式会社 本社ビル

中遠ガス株式会社 本社ビル

中遠ガスの組織は、お客様G,業務G,営業G,工務Gの4つのグループから成り、ショールームは組織上その中のお客様Gに属して、管轄される。組織からすればショールームは、全体業務の中の一部署であり、機能に過ぎない。しかし、ショールームが日々接している「地域」や「日常」は、中遠ガスが業務としている対象そのものであり、そこは会社が必要とする情報収集の基地となって、可能性にあふれる。包含している。それだけでなく会社組織の運営にとって、ショールームの存在は組織のヒエラルキーの中には納まり切れない、部署と部署とを繋ぎ相互にネットワークするハブ的役割があることにも注目すべきだ。それは4つのグループは、ショールームを介して地域やお客様のニーズを知り、ショールームを介して社会に働きかけ、ショールームを介して社会を内部化する。事務所で完結するタイプの本社ビルは、効率的で機能的に思われがちだが、その分社会との応答性が鈍くなるとも言える。開放性の強いショールームは、すなわち中遠ガスの会社としての開放性を高め、社会とのチャンネルを多様化する。

そういった意味で、ショールームはある時は地域の公民館であり、ある時はカルチャーセンターであり、またある時は会社を覗く窓でもある。

 

※撮影 スタジオR(畑 亮)

 

名称 中遠ガス株式会社 本社ビル
所在地 掛川市
カテゴリー 全用途 / 都市施設
構造規模 S造3階建
建築面積 272.72 m2
延床面積 587.92 m2
竣工年 2017年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る