Works|作品紹介

御殿場高原時之栖 源泉茶目湯殿

御殿場高原時之栖 源泉茶目湯殿

源泉茶目湯殿は、お食事処に接続した離れの温浴施設として計画された。お食事処と同様、築200年の豪商の民家を福井から移築改修した建物である。梁組が見える豪快な造りを生かし、木と石を用いた落ち着きのある大人向けの空間を形成している。露天風呂からは富士山が望めるよう設計されている。

名称 御殿場高原時之栖 源泉茶目湯殿
所在地 御殿場市
カテゴリー 全用途 / 都市施設
構造規模 木造一部鉄筋コンクリート造
建築面積 370 m2
延床面積 327 m2
竣工年 2001年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る