Works|作品紹介

松林工業薬品株式会社 経営本部社屋

松林工業薬品株式会社 経営本部社屋

建物の安全から免震構造の採用と災害時に社会の要請にすぐに応え得る施設とすること。業務の柱である薬品部門と建材部門のより一層の確立と融合、発展ができること。そのため、接続可能な建築を目指し、自然の恵みの活用、省エネルギー対策建物配置、屋上緑化、庇・ルーバーによる日照調整、雨水・井水の利用、免震ピットの冷気の利用、深夜電力利用のエコ空調、太陽光発電、階段部分吹抜空間の夏の自然換気と冬の暖房の室内取入れ、駐車場への散水と気化熱による外部負荷の軽減をしている。外観としては、日照、通風を重視した複層ガラスのカーテンウオールと外壁汚れ対策の光触媒パネルで構成している。

建築空間は、創設者松林弥助先代が愛された白高庭、清々しい場所づくりをコンセプトとしている。

 

※撮影 エスエス名古屋

名称 松林工業薬品株式会社 経営本部社屋
所在地 藤枝市
カテゴリー 全用途 / 地域
構造規模 鉄骨造(免震構造) 地上3階
建築面積 605 m2
延床面積 1,706 m2
竣工年 2003年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る