Works|作品紹介

瀬名川の家

瀬名川の家

30代前半のtさんは結婚と長男の誕生を機に、住宅を持とうとした。しかしnLDKという形式や玄関­-居間-個室の部屋の関係性は少なくとも並列な家族の関係の中では無意味だし、tさんがイメージする「家庭」像からもかけ離れていた。世の規範さえも混沌とする中、親も子も人間として正常な感覚を育める空間とは、一体どんなものなのだろうか。

ここでは、高さ5m×巾5.4mのアルミサッシの開口部を持ち、6mの高さを吹き抜いた、3間×2間半の広さの居間を提案した。そこには、光が満ち、風が吹き、雲が流れ、草がにおう。長尾川の土手を朝に夕に散歩をする人影が、国吉田のまちをバックに浮かび上がる、そんな何気ない風景も、ここでは驚くほど感動的でさえある。内部と外部が境なく融合した良さが、この居間に現れていると言って良いだろう。

 

※撮影 畑 耕

名称 瀬名川の家
所在地 静岡市葵区
カテゴリー 住宅・福祉 / 全用途
構造規模 木造 地上2階
建築面積 69.68 m2
延床面積 125.01 m2
竣工年 ~2000年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る