Works|作品紹介

y-house

y-house

y-houseは主婦の動線と家族の動線を分離することを主題とした、専用住宅である。

一般的に主婦は、通用口から食品庫、ユーティリティからキッチン、水周りなどを中心に、その動きの質は複雑で、長い。その動線に家族の動線が交錯することは、ふれあいとは別次元の非効率的な接触が存在し、それが生活の質に影響する。そこでこのy-houseでは、家族と主婦の動線をパラレル化し、その間に水周りを介在させることで接触を最小限にし、ダイニング、リビングでのふれあいの質を相対的に高めた。

またこのテーマを実現させるために、それぞれの動線上に差し込む光の質をコントロールして、人の動きと光とを同調させている。

例えば、玄関ホールの吹抜けを包む白いL字状の壁。スリットから射し込む光は時々刻々変化しながら、1階と2階を融合し子供やご主人の領域を活動的に浮き立たせる。

一方主婦の動線には、アイランド型のバスルームや洗面脱衣を成立させるためのライトコートが屋上から1階まで貫き、そこからの柔らかな光で主婦の領域を照らす。

そして最後に、家族がまみえるダイニング、リビング。ここには中庭からの開放的な光が用意され、家族の生活を演出する。

 

ライトコートを中心にした主婦の領域、ダイニング、リビング、デッキを中心とした家族の領域、この二つの領域を動線分離しながら、それぞれの光に人間の動きをシンクロさせたy-houseは、光に対する形態へのフィードバックであると同時に、オマージュでもある。

 

 

※撮影 畑 拓

名称 y-house
所在地 静岡県三島市
カテゴリー 住宅・福祉 / 全用途
構造規模 RC造
建築面積 146.40 m2
延床面積 249.08 m2
竣工年 2010年

※この作品の掲載許可は、現在取得申請中となります。掲載に問題がある場合は、info@harigaya.comまでご連絡下さい。


一覧に戻る